地域に根ざした物流の拠点づくりを目指して

  1. Eメジャーで行こう!

旧車を愛する
根っからの車好き

実は個人的な愛車もトラックなんです(笑)。と言っても私が大好きなのは日本の旧車。中でもクラウンが好きで、1970年型のピックアップトラックに乗ってるんです。今もう一台、同じ年式のクラウンワゴンを修理中です。アメ車にも興味があって、ずっと欲しかったアストロを最近入手しました。
ある旧車イベントに参加した時、旧知のホイールメーカーの社長さんに「御社の懐かしいホイールをオークションで探し出してセットで買ったのに、一本だけオフセットが違った。それを直せませんか?」と相談したら、「私にも思い入れのあるホイールだから」と、現場を動かしてくださって、その流れで廃番になっていたホイールを復刻することになったんです。その広告用の撮影に愛車をお貸ししました。まさか再販にまでなるとは(笑)。
これまでもこれからも、どこまで行っても車と運送業が好きだということに尽きますね。せっかくなら仕事も趣味もみんなもっと楽しもうよって思います。

鈴木社長の机の後ろには広告用に撮影した愛車の写真が飾られている。
旧車イベントの会場に並ぶ愛車の2台。

鈴木 猛(すずき たけし)
名古屋の名鉄運輸勤務を経て1996年、浜名梱包輸送(株)入社
2007年、同社代表取締役社長に就任

浜名梱包輸送株式会社
〒434-0022 静岡県浜松市浜北区新堀70-6
TEL:053-567-8585 FAX:053-585-0545
HP:http://www.hamanakonpou.co.jp

私たちがドライブインライブを企画する中で、ステージトラックを浜名梱包輸送さんでお借りすることになった。今回そのご縁で、鈴木社長のお話をうかがう場を設けていただいた。
地元の理解を得るための努力や、働く社員の気持ちに気を配る、上ばかりを見るのではなく、しっかり足元を見つめる姿勢は素晴らしいと思った。
「旧車好き」という共通の趣味もあり、終始楽しくお話をさせていただいた。「ドライブイン」とステージトラックの親和性も証明できたので、今後もおつきあいをよろしくお願いします!

1 2 3

4

フィギュアの造形・特殊メイクからバイクのカウリングの型抜きまで・・・アナログなモノづくりが趣味。
バイク店店長の経験を持つグラフィックデザイナー。

記事一覧

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。